断熱リフォーム

寒さと暑さから守る、快適な空間

古い木造住宅は、断熱材が入っていないため寒さに悩まされます。
しかし、断熱リフォームを一度行えば、冬は暖かくなり、夏も暑さを防いでくれるのです。冷暖房費を抑えるメリットも期待できます。
また断熱と一緒に、他の気になる部分を一緒に改善すれば、快適度はよりアップするので、
住居に関するお悩みはどんなことでもご相談ください。

こんな状態でお困りではありませんか?

夏は暑く、冬は寒い、加えて冷暖房の効き目も悪い…。そのようなお悩みは、断熱リフォームで解決しましょう。
温度差の激しい環境は、住居にダメージを与え、身体にも悪い影響を及ぼします。
「お風呂が寒い」「すき間風が気になる」といった問題を解消することは、
住居とそこに住む方たち両方の健康を守る事にも繋がるのです。

  • 暑い

    • 夏場はサウナのように暑い
    • 最上階の暑さが異常
  • 寒い

    • 冬場足元がとても冷える
    • 廊下やトイレ、お風呂が寒い
  • すきま風

    • すきま風がある
    • すぐに外の気温に左右される
  • 冷暖房の効果が薄い

    • 冷暖房の効きが悪い
    • 快適な温度に保つのが難しい

断熱リフォームなら、佐藤工務店にお任せください!

リフォーム方法・種類

床のリフォーム

床下は隙間ができやすい構造のため、断熱材を敷き詰めて、気密性を高めれば冬の寒さ対策にぴったり。特にフローリングの快適さが段違いです。また、冬の浴室が寒いといったお悩みも床のリフォームで解決できる場合があります。

天井のリフォーム

降雪、降雨、日差し等、天井は様々な熱から家を守る要の部分です。そのため、外からはわからない箇所にダメージを受けているケースがあります。天井を剥がすかどうか、もしくは施工方法によって必要な工事の規模は変わってきます。

壁のリフォーム

多くの方が「断熱」といったときにイメージするのが壁の工事です。部屋は壁に囲まれているため、断熱材を敷き詰めれば、内部に外気を通さず、大幅な冷暖房費の節約が期待できます。ただし断熱全般に言えることですが、丁寧な施工をしないと十分な効果は出ません。

窓のリフォーム

内窓(二重窓)、樹脂サッシ、ペアガラスへの交換によって窓の断熱リフォームを行うと、夏の暑さ&冬の寒さ対策に繋がります。また、これらの窓のリフォームを行えば、防風対策、防犯対策、騒音対策など様々なメリットがあるのです。特に近年、大型の台風が増えていることから依頼の件数も増加しています。

施工事例

佐藤工務店で施工した事例をご紹介しています。
ジャンル・素材・価格など、お客様のご希望に沿った施工を行っています。

一覧

ページトップへ